Angel view of NatureⅡ

季節の花と野鳥等のフォト中心のblogです。

妙義山さくらの里~最終回

妙義山Angel1
妙義山さくらの里
何度かに分けてお送りして参りましたこの妙義山さくらの里も
いよいよ今回を最終回とさせて頂きます。
最後は、ツツジのお花でパ~っといかせて頂きました^^v






ミミガタテンナンショウAngel1
耳形天南星 壱
ミミガタテンナンショウ

サトイモ科

そして、さくらの里の手前にある路側の駐車スペースのところへ
戻りましたら、何とこんな珍しいお花が1輪だけ咲いてました(@。@”




ミミガタテンナンショウAngel2
耳形天南星 弐
ヒガンマムシグサの変種だそうで、仏炎笣の開いた部分が特に大きく
耳たぶ状に伸びて印象的な姿なことから、この名が付いたようです^^






ユキモチソウAngel1
雪餅草
ユキモチソウ

サトイモ科

そして、今日もお越し下さった方々に感謝を込めまして、この美しい
雪餅草もお送りさせて頂きます^^v
この雪餅草は、去年の今頃、つくば植物園で撮影したものです。
一瞬同じ花かと思い違いしてしまいそうなのですが、こうやって並べ
てみると、違いが歴然としてますね(^-^*)
雪餅草の付属体は、雪のように白いお餅を思わせるので、この名が
付いたようです。


↓何となく役立ちそうな良い記事だって思って頂けたら、ポチッとお願いしま~す^^
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
応援ありがとー^^v



スポンサーサイト
  1. 2009/04/25(土) 19:28:23|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

妙義山さくらの里~続壱

妙義山Angel6
妙義山さくらの里 壱
前回お話しました通り、今回さくらの見頃は残念ながらはずして
しまいました。
でも、山腹を登ったり降りたりうろうろしている内に、うっすらと晴
れ間が広がり始め、巨大なユキヤナギと咲き始めのツツジの向
こうに、険しい山が姿を現すのでした(@。@”





妙義山Angel12
妙義山さくらの里 弐

桜でなく、ツツジもいいかも^^v

↓もう1回続きを見てもいいって思って頂けましたら、ポチッとお願いしま~す^^
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
ありがとー^^v
  1. 2009/04/22(水) 20:23:31|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

さくらの里

さくらの里Angel50
さくらの里 壱
お待たせしました。
前回の試し撮りの続き、妙義山のさくらの里をお送りします。
関越自動車道をひた走り、松井田妙義I.Cを降りて少し走ると
ここに到着できます^^
今回も、I.Cを降りるとき、料金表示をチラッと見ると、1,800何円
と表示され、危うく道路の脇に衝突するところでした(@。@”
1,000円ポッキリって何処の世界の話だったのでしょう^^;
開園時間は、am8:30とのことで、8:10位に着いてしまったわた
しは、少し手前の路側にある駐車スペースに車を置いて、入るこ
とにしました。既に10数台の車が並び、開園を待っているのです
が、待つのが苦手なわたしは待てません^^;





さくらの里Angel51
さくらの里 弐
入り口付近に並ぶ車の脇には、こんなすてきなかわいらしい枝垂桜
が咲いていました^^v
開園前に来てしまったら素通りして、危うく見落とすところでした^^;





さくらの里Angel52
さくらの里 参
枝垂桜を撮影してたら、開園時間となりました。
警備の方に聞くと、駐車スペースは20数台分しかなく、すぐ満車になって
しまうそうです(@。@”
ともあれ、霧の立ち込めるこの坂道を下ります。
手持ちでも、この程度は難なく撮影可能です^^v




さくらの里Angel53
さくらの里 四

下のほうに降り立つと、霧にむせぶ険しい山の麓に多数のソメイヨシノ
と思しき桜の木が並んでいます。
だいぶ散ってしまい、あと1週間早く来ていたらさぞや見事であったろう
と惜しまれるのでした^^;





さくらの里Angel54
さくらの里 五

このマッターホルンのような風貌の山は、またおいでと薄ら笑うのでした。
そして、また来るぞ来年っと思うのでした(^-^*)
果たして、こんなことで今回の訪問は終わってしまうのでしょうか(?。?)

↓続きを後1回位なら見てやってもいいぞ~って思って頂けましたらポチッと
 お願いしま~す^^

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
応援ありがとー^^v




  1. 2009/04/20(月) 21:10:42|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

さくらの里で試し撮り

妙義Angel1
妙義山さくらの里 壱
昨日、ニューレンズCanon EF-S17-55㎜ F2.8 IS USMを
手に入れて来ました。今までのレンズはF3.5-6.3と暗いズーム
レンズだったので、風景写真で気に入った描写ができず、新たに
購入を決意しました^^
さっそくの試し撮りのため、群馬県のさくらの里を選びました。
そしたら、今日は霧が立ち込め薄暗く、このレンズの試し撮りに
はもってこいのお天気に恵まれました^^v






妙義Angel2
妙義山さくらの里 弐

レンズのパンフレットによれば、夜明け前の神秘的な光景や、高台
から眼下を望む美しい夜景などのシーンも手持ち撮影で気軽に作品
として残せます。っと記述されてます(@。@”
ホントかどうかは今回分かりませんでしたが、撮った感じはいい感じ
かも^^v





さくらの里Angel1
さくらの里入り口
↓続きも見てみたいと思われましたらポチッとお願いしま~す^^
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
ありがとー^^v




  1. 2009/04/18(土) 21:32:39|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

袋田の滝~その弐

袋田の滝Angel10
袋田の滝
前回は、今年完成した上段の展望台からの景観をお送りしましたが
今日は、今までの展望台からの景観をお送りします。
最初のこの写真は10mmの超広角で撮影したものです。
ノーマルレンズでは、この様に滝の最上部から最下方までを捉える
ことができません。




袋田の滝Angel11

そして、標準ズームレンズを使って滝の上部右手の紅葉を意識しな
がら31mmにズームアップしますと、ご覧のように躍動感のある景観
を楽しむことができました^^v




袋田の滝Angel12

滝の右手下方には吊橋があり、渡ってきつい階段を登ってゆくと滝の
上部右手に出られます。





袋田の滝Angel13

左手上部にあるのが、先程までの旧展望台です。
あの位置から滝を真近に見上げてたりしていたのです^^




袋田の滝Angel14

吊橋のところまで下りて参りました。
この橋を渡り、正面の険しい山をいっきに登り上がってゆきます。
心臓が破裂しそうになる、キッつーイ狭くて急な登り階段になってます^^;
さあ、気合を入れてゆきますよ~
つづく

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ



  1. 2008/11/27(木) 20:57:42|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

名瀑 袋田の滝

紅葉Angel1
袋田の滝付近の紅葉
先日花貫渓谷を早朝訪問しましたが、紅葉が今一でしたので
急遽その足で、日本三名瀑の一つとして有名な袋田の滝へ
行くことにしました。本当はもの凄く混むので行く予定にして
いなかったのですが、走り出したら止まらないのです^^;
わりと早い時間に到着したせいか、駐車場(500円)にもスム
ーズに止められ、滝の入口のほうへ向って歩いてゆくと、この
見事で鮮やかな紅葉がお出迎えしてくれました。




袋田の滝入口付近Angel1
滝の入口付近
滝の入口付近で、上方を見やると雰囲気の良い景観が見え
期待が胸にこみ上げて来ます。
今年から、滝の見晴台が今までより高い位置に完成され、さ
らに滝がよく見えるとの噂。
一体どうなんでしょうと、袋田観瀑施設利用券(300円)を購入
してトンネルの中へ入ると、今までの上にできた施設に行くに
は専用のエレベーターに乗らないと行けないとのことで、順番
待ちの列に並ばなければなりません。わりと早い時間帯でした
ので、待ち時間は30分程度で済みました^^v


袋田の滝Angel1
袋田の滝
この滝は、華厳の滝、那智の滝と並んで日本三名瀑のひとつと
されています。長さ120m、幅73mで、この写真は18mmで撮影
したものですが、従来の見晴台からだと10mm位の超広角でな
いと納まりませんでした。こうやって標準ズームレンズで充分カ
バーできるようになったんですね^^v


袋田の滝Angel2
滝の上部
ズームアップして、42mmで上部の迫力ある様子を確認できまし
た^^




袋田の滝Angel3
滝下方の景観
そして、下方を見やり、同じく42mmで美しい滝と紅葉のコラボを
楽しむこともできました^^v
この滝の脇の道を登ってゆくと、滝の上部の横を眺めながら、月
居山ハイキングコースがあります。
健脚で名高いわたしは、当然突き進んでゆくのでした(^-^*)
つづく

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


  1. 2008/11/24(月) 19:06:16|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

花貫渓谷~その1

汐見滝吊り橋Angel1
汐見滝吊り橋
撮影地;茨城県高萩市の花貫渓谷

今日は早朝に、花貫渓谷へ行って来ました。
まず最初にご覧頂くのは、この渓谷の見所の一つである
汐見滝吊り橋です^^



汐見滝吊り橋Angel2

残念ながら、訪問するのがちょっと遅かったようです^^;
最高の見頃の時季でしたら、もっと橋全体が紅葉で包み込まれる
図となるはずだったのですが^^




汐見滝吊り橋Angel3

橋の構造; キャット・ウォーク式木製吊橋
橋長; 60.6m   幅員; 1.5m
この橋は平成2年に整備されたのですが、木質部材が腐食してしま
ったので、平成16年3月改修されたそうなので、新しくってきれいで
した^^v


花貫渓谷Angel1
花貫渓谷
そして、土岳山の登山口前の駐車場に車を置いて、ゆっくり渓谷の
撮影を楽しみました(^-^*)
この渓谷沿いの道は、午前9時頃には車両乗り入れを制限している
ようです。わたしは、制限前の早朝に乗り入れてしまったので、規制
の網を潜り抜け、快適に撮影を順調に済ますことができました^^v
つづく


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ


  1. 2008/11/22(土) 20:39:55|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

プロフィール

Angel

Author:Angel
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

フリーエリア

広告

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する