Angel view of NatureⅡ

季節の花と野鳥等のフォト中心のblogです。

一瞬のハヤブサ

ハヤブサ(49984)

ハヤブサ



ワシタカ目ハヤブサ科
体長;雄約38cm、雌約51cm





利根川の河川敷のポイントに車で乗り入れ、車から降りようと
してドアを開け、川の対岸の方を見やった時、対岸からまっし
ぐらに何かが飛んで来た(@。@”
車のドアを閉めてる間など無い!
とにかくシャッターを切るのみ・・



にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村




[一瞬のハヤブサ]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/02/18(土) 08:10:00|
  2. ハヤブサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

その弐鷹

年賀ハヤブサ

ハヤブサ



ワシタカ目ハヤブサ科
体長;雄約38cm、雌約51cm



その弐鷹は、あのハヤブサの本物をお送りします。
あのとは、昨年話題の探査機はやぶさのことで、その名の由来となった
鷹です^^


はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日13時29分25秒(日本標準時、以下同様)に宇宙科学研究所(ISAS:現在は宇宙航空研究開発機構 (JAXA) の下部組織)が打ち上げた小惑星探査機である。ひてん、はるかに続くMUSESシリーズ3番目の工学実験機となった。

イオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群の小惑星 イトカワに到達し、その表面を詳しく観測してサンプル採集を試みた後、2010年6月13日22時51分、60億kmの旅を終え、地球に大気圏再突入した。

サンプル容器が収められたカプセルはオーストラリアのウーメラ立入制限区域内にパラシュートを展開して降下、翌14日16時8分、無事に回収された。カプセルは18日に日本に到着し、内容物の調査が進められ、11月16日にカプセル内から回収された岩石質微粒子の大半がイトカワのものと判断したと発表された。地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンは、世界初である。
(以上Wikipediaの記事をコピーペースト)


↓ぽちっと応援お願いしま~す♪

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


[その弐鷹]の続きを読む
  1. 2011/01/02(日) 00:00:00|
  2. ハヤブサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ハヤブサ登場

ハヤブサ(6364)
隼 ♂
ハヤブサ



ワシタカ目ハヤブサ科
体長;約38cm


干潟には、次第に秋の渡りが本格化しつつあります。
今日もたくさんのトウネンの群れが確認できました。
そして、干潟に降り立ってのんきに過ごしていたトウネンに
突然ハヤブサが舞い降りて来て、一瞬で鷲づかみに捕らえて
しまいました(@。@”



にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村



[ハヤブサ登場]の続きを読む
  1. 2010/08/28(土) 21:30:15|
  2. ハヤブサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

Author:Angel
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

フリーエリア

広告

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する